カードローンって誰でも借りれるの?

金融業者を利用して誰でもお金を借りる事が出来るのかというと、そういうわけではなく、業者が定める審査クリア基準を満たして返済能力がある事を認めてもらう必要があります。

 

返済する能力がなく、無職無収入状態なら審査に通りませんし、一般的には20歳以上で収入の流れを持っている事が条件になり、18歳以上でも借り入れ可能な学生専用のローン等がありますが、返済能力を有した方がカードローン審査に通って、キャッシングやローンを利用する事が可能です。

 

審査時の返済能力の確認では、返済してくれそうな気がするとか、良い感じの人で信用出来るとかいうような主観による判断は全くありません、あくまで年齢や職種、在籍年数、借金額や借金履歴と言う形の第三者が客観的に判断出来る要素によって返済能力はチェックされる事になります。

 

客観的な判断で返済能力を持っているとみなされる事でお金を借りる事が出来るようになっており、この時に業者が返済能力が無いと見なせば借り入れが出来ません。

 

借金がすでに沢山ある方や、過去の返済履歴で延滞したり遅延が多いというような場合でも、返済能力に不安を持たれて審査に通らない事もありますし、お金を借りる事に成功しても返済時にトラブルを起こせば信用情報に傷がついて審査に通りにくくなります。

 

ですから借り入れを行った以上は確実に返済を行っていく必要があり、信用を失った状態でお金を借りる事は非常に難しいものです。

 

借金を行う時に審査の通りにくさや通りやすさは業者によって基準が違っており、ある業者で審査に通らなかったとしても別の業者では通るという事はありえます、消費者金融と銀行の場合は銀行の方が審査が慎重であり厳しいという傾向にあります、消費者金融は審査が柔軟で対応が速い特徴があります。

 

審査には柔軟性があっても高金利設定になっており利息負担が大きくなるというようなデメリットもありますが、お金を借りやすい業者もありますから審査に通らない時は通りやすい所に申し込むという方法もあります。

 

いずれにしても返済能力を業者の定める基準でクリアする必要はあります。