カードローンのメリット・デメリット

消費者金融は、安定した収入を得ている20歳以上の人を対象としたカードローンをサービスの中心としている金融機関です。

 

現在は大手業者の多くは銀行グループの一員として業務を行っており、安心して利用できる環境が形成されています。ただし、商品内容は特徴があるので、メリットとデメリットを理解した上での利用が必要となります。

 

消費者金融のカードローンは、個人としての利用を目的としている商品です。

 

このために、事業性資金としては使用する事は認められていません。審査も事業実績ではなく個人のクレジットヒストリーが調査される事になり、特に他の金融業者からの借入残高が重視されます。

 

多くの金融業者が加盟している信用情報機関への照会が審査の中心なので、短時間で結果が判明します。申し込み当日に融資を受ける事が可能なので、急いでいる時には非常に便利な内容となっています。

 

消費者金融のカードローンのメリットは、審査時間が早いという事だけではありません。

 

アルバイトやパートタイムでも毎月収入を得ている場合は、審査に申し込む事が出来ます。希望額が少ない場合は、給与明細書等の収入証明書類は不要であり、健康保険証や運転免許証等の本人確認書類一点での申し込みが可能です。担保や保証人、利用計画書の準備は不要であり、審査前に時間を取られる事はありません。インターネットからの申し込みにも対応しており、お金が足りないと感じた時点で行動を起こす事が出来ます。

 

担保や保証人が不要で収入を証明しなくても審査に申し込む事ができる上に、即日融資を期待できるというのが消費者金融のカードローンのメリットですが、業者側からするとかなりリスクを伴う内容となります。

 

このために、リスクを軽減しなくてはならないので、金利が高く設定されるというデメリットが生じます。長期的に利用すると返済額が大きくなってしまうので、計画的な使用が求められます。使用した金額はできるだけ早く返済するという短期的な利用に向いている内容です。