審査に通るためのコツ

キャッシングやカード―ローンは、必要な時に無担保でまとまったお金を融資してくれるサービスです。しかしキャッシングもカードローンも利用する際には必ず審査を受ける必要があります。

 

この審査に通って初めて融資を受けることができるのです。
キャッシング・カードローンの審査に通る為のコツが幾つかあるので紹介します。

 

1.ある程度勤続年数があるか

 

お金を融資する側としても、安定した収入がある人の方が信頼が置けるものです。
転職したばかりでは「また辞めてしまうのでは」と思うのは、どの企業同じことです。

 

少なくとも一つの企業に一年以上は勤続しているという実績が必要です。
例え年収が低くても10年以上同じ会社で勤務していればそれだけで有利と言えるのです。

 

2. 複数借入れをしていないか

 

複数のキャッシング・カードローン会社から借入れをしている、いわゆる多重債務の人は、場合によっては不利になることがあります。複数から借りても今まで何のトラブルもなくきちんと返済できていれば良いのですが、一度でも返済を滞納したことがあれば不利になるでしょう。

 

また、複数社からの借入れ総額が自分の収入を上回っている時もやはり審査に通らない可能性があります。多重債務はなるべく減らして、一本化することを目的に、おまとめローン的な役割をするサービスを選びましょう。

 

3.虚偽の申告をしていないか

 

過去の借入れ経歴や、勤務状況などについて虚偽の申告をしてしまうと、それだけで審査に通過しない可能性があります。例えば社名が一字違っていたり、分からないだろうと思って勤続年数を適当に書いたりすると、信頼できない人物と見なされてしまうのです。

 

現在複数社から借入れをしているという人も、調べればすぐに分かってしまいますので決して自分の記憶だけを頼りに適当に記載しないようにしましょう。

 

審査の基準は各社違いますが、上記の部分に関してはほぼ共通しているものと思われます。普通に会社に勤めていて普通に生活している人はほぼ問題なく借りられますので、あまり気にする必要なないでしょう。