モビットのWEB完結サービスは在籍確認電話もなしで手軽だった。

私は給料日前とかの手持ちの現金が無い時に、急な出費が必要になった時にモビットをよく利用していました。私がモビットを利用していたのは、TVCMなどでもよく見ていて有名な消費者金融なので安心、信頼して借り入れが出来るからです。

 

モビットはキャッシングを利用する際にもとても手軽で、まず借り入れの申し込みはインターネットで24時間365日申し込みが出来ます。もちろんインターネットが繋がるスマホからでも申し込みは可能です。その後モビットローンの申込機でカードを受け取ればすぐにでもお金を借り入れする事が出来ます。借り入れの審査も早く、即日の融資も可能で、急な出費の時には強い味方になります。

 

さらにモビットは借り入れの審査の際にも画期的なシステムを活用しています。

 

それはWeb完結というシステムで、Webから申し込みを行うと審査や契約なども全てWeb上で完結させる事が出来て、書類を郵送する必要も全くなく、自宅とか勤務先への在籍確認電話もなしで借入までできる事です。お金を借りるという行為を家族や職場の人たちにばれる事はありません。

 

また在籍確認の方法も申込者の社会保険証のチェックで済ませます。会社名が明記されている社会保険証は、申込者が申請した職場に在籍している事の証明になるので、電話で在籍確認を行う必要はないという事です。

 

他のサービスとしては、モビットはMyモビと呼ばれるインターネット上の独自のサービスを展開しています。このMyモビは様々な機能があって、Myモビ利用者は利用状況の把握や取引履歴の照会も出来て便利です。このMyモビを利用して良かったのが、ネット上から借り入れの申し込みをすれば指定口座へ振込対応をしてくれるサービスです。

 

わざわざ店舗に出向かわなくても、自宅や出先から簡単に借り入れの申し込みが出来ます。全てがWeb上で簡潔に出来るのでとても便利です。

 

このMyモビ内ではアフターフォローも充実していて、返済のシミュレーションや借入、返済相談など借入以外での不安に思う事や、悩み事もMyモビ内で解決出来ます。

 

初めてキャッシング、カードローンを利用する人は不安なことが多いと思うので、このMyモビというサービスは利用して欲しいと思います。モビットでのキャッシング、カードローンは給料日前で金欠のときとか非常に役に立つキャッシングです。

 

モビットのキャッシングはこちら

急ぎでお金を借りたい!

2014/11/20 03:04:20 |

家族が突然、事故や病気で入院し、予想外にたくさんのお金が必要になることがありますが、まだ貯金もほとんどないような若い方だと、どうしたらいいかわからず、困ってしまうでしょうね。

 

しかし病院に請求された治療費を払わないわけにはいかないので、そんなときには消費者金融や銀行にキャッシングに申し込み、5万円や10万円などのお金を借りるようにしてください。

 

急ぎで即日お金を借りたいならコチラ!

>>即日融資で借りれるキャッシング・消費者金融一覧<<

 

利用限度額の範囲内で何回でも借りられますから、手術にもっとたくさんのお金が必要になった場合でも、追加で融資を受けることが出来ます。

 

急いでお金が必要になった場合は、即日融資のサービスを行っている会社を利用すれば、スピード審査で結果がわかるので、ローン会社に申し込むときは、その日のうちに借りられる会社かどうか、調べてから申し込むようにしましょう。

 

即日融資やスピード審査が出来る会社かどうかというのは、ローン会社のホームページをチェックすれば書いてあるので、急いでお金が欲しい時は頼りにするようにしてください。

 

ただしこのサービスはどこの会社でも行っているわけではないので、間違っても審査に時間がかかるところは選ばないようにしたいですね。どちらかというと銀行系は丁寧に審査を行う傾向があるので、出来るだけ早くお金を手に入れたいときは消費者金融を選ぶようにしてください。

 

今は昔に比べると金利も低い会社が多く、銀行並みに気楽に利用できるところが多いですし、利用後に30日間程度は一切の利息がつかない、無利息期間ありのサービスを行っている会社もあるので、出来るだけ返済を早く終わらせたい方におすすめです。

 

キャッシングを利用するときはさまざまなサービスを比較してから会社を選ぶと、あとで失敗したと思うようなこともありませんが、一社ずつ調べるのは面倒だと思うのであれば、比較サイトを利用すると、短時間で人気の会社を探すことが出来ます。

 

比較サイトで上位に取り上げられている会社は、初心者にも嬉しいサービスを行っているところが多いので、一度利用すれば何度でも利用したくなるでしょう。

審査に通るためのコツ

キャッシングやカード―ローンは、必要な時に無担保でまとまったお金を融資してくれるサービスです。しかしキャッシングもカードローンも利用する際には必ず審査を受ける必要があります。

 

この審査に通って初めて融資を受けることができるのです。
キャッシング・カードローンの審査に通る為のコツが幾つかあるので紹介します。

 

1.ある程度勤続年数があるか

 

お金を融資する側としても、安定した収入がある人の方が信頼が置けるものです。
転職したばかりでは「また辞めてしまうのでは」と思うのは、どの企業同じことです。

 

少なくとも一つの企業に一年以上は勤続しているという実績が必要です。
例え年収が低くても10年以上同じ会社で勤務していればそれだけで有利と言えるのです。

 

2. 複数借入れをしていないか

 

複数のキャッシング・カードローン会社から借入れをしている、いわゆる多重債務の人は、場合によっては不利になることがあります。複数から借りても今まで何のトラブルもなくきちんと返済できていれば良いのですが、一度でも返済を滞納したことがあれば不利になるでしょう。

 

また、複数社からの借入れ総額が自分の収入を上回っている時もやはり審査に通らない可能性があります。多重債務はなるべく減らして、一本化することを目的に、おまとめローン的な役割をするサービスを選びましょう。

 

3.虚偽の申告をしていないか

 

過去の借入れ経歴や、勤務状況などについて虚偽の申告をしてしまうと、それだけで審査に通過しない可能性があります。例えば社名が一字違っていたり、分からないだろうと思って勤続年数を適当に書いたりすると、信頼できない人物と見なされてしまうのです。

 

現在複数社から借入れをしているという人も、調べればすぐに分かってしまいますので決して自分の記憶だけを頼りに適当に記載しないようにしましょう。

 

審査の基準は各社違いますが、上記の部分に関してはほぼ共通しているものと思われます。普通に会社に勤めていて普通に生活している人はほぼ問題なく借りられますので、あまり気にする必要なないでしょう。

おまとめローンって何?

おまとめローンとは銀行が低金利でお金を貸し出しすシステムのことです。

 

なぜこれがおまとめローンと呼ばれているかというと、このローンができたいきさつが関係しています。そもそもこのローンはバブル時代に様々な金融機関からお金を借りたものの、その後のバブル崩壊の影響を受けてお金を返済できなくなってしまった人たちを助ける目的で設けられました。

 

そのような人の中にはいくつもの金融機関から多額のお金を借りている人も大勢います。

 

そのような人がおまとめローンを利用して銀行からお金を借り、そのお金を金融機関からの借金の返済に当てるというのがこのローンの目的です。つまりいくつものローンを銀行からのローン一本にまとめてしまい、返済先を一つの銀行に限るというのがおまとめローンの目指すところというわけです。

 

このおまとめローンにはたくさんのメリットがあります。

 

先にも述べたように銀行は民間の金融業者が設定した利息率よりも安い利息率でお金を貸してくれます。これまでは金融業者に高い利息を支払いつつ、返済を行わなければなりませんでした。しかしおまとめローンを利用することで高い利息を支払う必要はなくなり、負担は軽減されます。

 

また複数の金融業者からお金を借りていると計算が面倒に感じることがあります。全ての金融業者が同じ利息率でお金を貸しているわけではなく、利息率を計算して自分が支払っている利息が正当な額であるかを確かめるのは簡単なことではないかもしれません。

 

しかしおまとめローンによって全てのローンを一つにまとめてしまえば利息を計算するのは非常に楽です。また信頼の置ける銀行が行っている融資ですから、利息率に不正が生じることはないという確信のもと、安心して返済することができます。このようにおまとめローンにはたくさんのメリットがあります。おまとめローンを行っている銀行はいくつかありますので、利用を考えておられる人は調べてみることをお勧めします。

総量規制って一体なに?総量規制対象外とは?

現在、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者のカードローンを利用する場合は、自分の年収の3分の1を超える額の借入をすることができません。これを「総量規制」と言います。

 

総量規制は旧貸金業規制法が改定されて設立された貸金業法によって規定されたもので、利用者の借り過ぎや業者の貸し過ぎを防ぐことを目的としています。

 

総量規制が導入された背景には過去、消費者金融などからの多重債務によって、自己破産したり、自殺したりする人が急増したことがあります。

 

総量規制における年収制限は1社からの借入だけではなく、すべての貸金業者からの借入合計が年収の3分の1以内であることを求めています。

 

また、貸金業者1社から50万円を超える借入をする時、若しくは、他の貸金業者からの借入分も合わせると100万円を超える借入になる時は、収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)の提出が義務付けられています。

 

ちなみに、収入証明書が必要になる金額というのは実際の借入金額のことではなく、利用限度額が対象になっています。例えば、消費者金融のカードローンにおいて利用限度額60万円の契約をした場合は収入証明書が必要になります。仮に、実際に借り入れた額が30万円だったとしても関係ありません。

 

ところで、総量規制というのは貸金業法による規定であるため、貸金業法に管轄されないものには適用されません。例えば、クレジットカードによるキャッシングは総量規制に含まれますが、同じクレジットカードでもショッピングは割賦販売法の管轄であるため、いくら利用していても年収制限額には加えられません。さらに、銀行や信用金庫などの金融機関は銀行法の管轄であるため、借入額はすべて総量規制の対象外です。

 

なお、総量規制を徹底させるために、指定信用情報機関制度が同時に設立され、利用者の借入・返済情報などを指定信用情報機関に登録することで、利用者の信用情報を全貸金業者の間で共有できるようにしました。また、貸出の審査時には利用者の信用情報を指定信用情報機関に照会することが義務付けられたことで、年収制限以上の貸出を防止することが可能になりました。

カードローンって誰でも借りれるの?

金融業者を利用して誰でもお金を借りる事が出来るのかというと、そういうわけではなく、業者が定める審査クリア基準を満たして返済能力がある事を認めてもらう必要があります。

 

返済する能力がなく、無職無収入状態なら審査に通りませんし、一般的には20歳以上で収入の流れを持っている事が条件になり、18歳以上でも借り入れ可能な学生専用のローン等がありますが、返済能力を有した方がカードローン審査に通って、キャッシングやローンを利用する事が可能です。

 

審査時の返済能力の確認では、返済してくれそうな気がするとか、良い感じの人で信用出来るとかいうような主観による判断は全くありません、あくまで年齢や職種、在籍年数、借金額や借金履歴と言う形の第三者が客観的に判断出来る要素によって返済能力はチェックされる事になります。

 

客観的な判断で返済能力を持っているとみなされる事でお金を借りる事が出来るようになっており、この時に業者が返済能力が無いと見なせば借り入れが出来ません。

 

借金がすでに沢山ある方や、過去の返済履歴で延滞したり遅延が多いというような場合でも、返済能力に不安を持たれて審査に通らない事もありますし、お金を借りる事に成功しても返済時にトラブルを起こせば信用情報に傷がついて審査に通りにくくなります。

 

ですから借り入れを行った以上は確実に返済を行っていく必要があり、信用を失った状態でお金を借りる事は非常に難しいものです。

 

借金を行う時に審査の通りにくさや通りやすさは業者によって基準が違っており、ある業者で審査に通らなかったとしても別の業者では通るという事はありえます、消費者金融と銀行の場合は銀行の方が審査が慎重であり厳しいという傾向にあります、消費者金融は審査が柔軟で対応が速い特徴があります。

 

審査には柔軟性があっても高金利設定になっており利息負担が大きくなるというようなデメリットもありますが、お金を借りやすい業者もありますから審査に通らない時は通りやすい所に申し込むという方法もあります。

 

いずれにしても返済能力を業者の定める基準でクリアする必要はあります。

カードローンのメリット・デメリット

消費者金融は、安定した収入を得ている20歳以上の人を対象としたカードローンをサービスの中心としている金融機関です。

 

現在は大手業者の多くは銀行グループの一員として業務を行っており、安心して利用できる環境が形成されています。ただし、商品内容は特徴があるので、メリットとデメリットを理解した上での利用が必要となります。

 

消費者金融のカードローンは、個人としての利用を目的としている商品です。

 

このために、事業性資金としては使用する事は認められていません。審査も事業実績ではなく個人のクレジットヒストリーが調査される事になり、特に他の金融業者からの借入残高が重視されます。

 

多くの金融業者が加盟している信用情報機関への照会が審査の中心なので、短時間で結果が判明します。申し込み当日に融資を受ける事が可能なので、急いでいる時には非常に便利な内容となっています。

 

消費者金融のカードローンのメリットは、審査時間が早いという事だけではありません。

 

アルバイトやパートタイムでも毎月収入を得ている場合は、審査に申し込む事が出来ます。希望額が少ない場合は、給与明細書等の収入証明書類は不要であり、健康保険証や運転免許証等の本人確認書類一点での申し込みが可能です。担保や保証人、利用計画書の準備は不要であり、審査前に時間を取られる事はありません。インターネットからの申し込みにも対応しており、お金が足りないと感じた時点で行動を起こす事が出来ます。

 

担保や保証人が不要で収入を証明しなくても審査に申し込む事ができる上に、即日融資を期待できるというのが消費者金融のカードローンのメリットですが、業者側からするとかなりリスクを伴う内容となります。

 

このために、リスクを軽減しなくてはならないので、金利が高く設定されるというデメリットが生じます。長期的に利用すると返済額が大きくなってしまうので、計画的な使用が求められます。使用した金額はできるだけ早く返済するという短期的な利用に向いている内容です。

初めてのキャッシング

お金を借りたいとかお金に困ったなというときに役に立つのがキャッシングです。初めての方はどうしても不安の方が多く、なかなか、手を出せないというのが本音でしょう。初めての方でも安心してキャッシングが出来るように流れを説明します。これだけ知っていれば万が一の時も大丈夫です。

 

まずは申し込みが必要です。最近ではインターネットからの申し込みが主流となっています。スマートフォンがあれば十分です。ここから自分が申し込みたいキャッシング企業のサイトに行きます。するとすぐに登録画面が見つかるので、そこから登録を始めていきます。

 

登録は非常に簡単になっていますので、誰でも可能でしょう。難しいことは何一つありません。登録が完了すると審査に移ります。昔は審査というと非常に面倒で、たくさんの書類を用意したり、店舗に訪問したりするのが当たり前でした。しかし今では審査もスマートフォンから可能なのです。

 

書類も本人確認のために運転免許証をカメラで撮影し、専用のアプリから送るというのが一般的です。本当に簡単になりました結果も数十分程度で判明します。

 

審査に問題なければ契約です。契約はそのままスマホで行うか、店舗の無人契約機で行うかを選択できます。私的にはより早くキャッシングが行える店舗に行って無人契約機で契約することをオススメします。そうすることで即日キャッシングが可能だからです。

 

契約も完了するといよいよキャッシング開始です。一番よく利用されるのはコンビニのATMです。ここでは24時間キャッシングが可能であったりと非常に便利です。

 

返済も同じくコンビニの、ATMから可能です。身近にあるため忘れることもなく非常に便利です。

 

以上がキャッシングの流れになります。これだけ知っていれば誰でもキャッシングが始められます。もし興味を持ったのであれば一度キャッシング企業のサイトを覗いてみてください。より詳しく、親切に説明してくれています。便利で安心なキャッシングをみんなもどんどん利用していきましょう。